五条通店・下鴨店からのお知らせ

トヨタ・ハイエース イモビライザートラブル

2008年式、200系2型ハイエースのイモビライザーのトラブル。

エンジンがかからないとのご相談にて自動車屋さんにお伺いしました。

 

 

テスターにて既存のイモビライザーチップ(画像右側の赤い部品)のデータを調べても何もデータが出てきません。

データの破損したイモビライザーキーではもう車を動かす事は出来ません。

そこで、当社の出番です!

 

 

手順を簡単に説明しますと、

①まず画像のように新しく登録するイモビライザーのデータチップを鍵の根元に埋め込みます。

②続いてハイエースのコンピュータにアクセス。今までのイモビライザーキーのデータを全て消します。

③用意した画像のキーを登録。

以上で新しいキーの登録が完了です。

 

 

大事な工程は②で車を動かせる鍵が無い場合にはコンピュータのキーデータを全て消して初期化しないと鍵の登録が出来ません。

 

 

全行程終了にて、無事にハイエースのエンジン始動です。

トヨタ車のイモビライザートラブル、スペア(合鍵)の作製や紛失キーの作製。スマートキーに関する事などぜひお気軽にご相談下さい。

カテゴリー: イモビライザー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。