五条通店・下鴨店からのお知らせ

キーレス錠(ロックマンジャパン・電磁錠)設置工事

一昨日は京都市東山区にてキーレス錠、ロックマンジャパン製の電磁錠を設置させていただきました。

古い電気錠が調子不良となりレストラン裏口の通用口に新たにテンキー操作で開錠可能なキーレス錠を設置したいとのご依頼です。

 

 

施工前の状態です。当社としてもなるべくこの京都の町屋の外観を損なわないよう最小限の変更で出来るよう配慮します。

 

 

まずは古い電気錠を撤去し、再利用できる配線はそのまま利用する事で今日までの外観を維持します。

 

 

中央部に設置された白い箱のような物が電磁錠と呼ばれる電気コイルで吸着をする錠前です。右下には屋内からの開錠ボタンを設置します。

 

 

このボックスは制御盤と呼ばれる機器になります。扉の開閉を検知したり錠前の施解錠を管理するいわば司令塔の役目を施します。

 

 

最後に屋外からのテンキーパネルを設置し完了です。

 

 

 

ロックマンジャパンの電磁錠は当社でもINAHO製のインターロックにならぶおすすめのキーレス錠です。今回のケースのように従業員様の通用口等、一日の開閉回数が多い扉では電池式のキーレス錠では電池寿命それと駆動するモーター寿命が持ちません。

その点、電磁錠は100ボルトから電源を供給しますので電池交換は不要ですしモーターの駆動も必要がありません。またインターロックは引き戸等には設置が不可能ですが、電磁錠は扉を選ばないのも利点の一つです。

 

出入りの多いマンションの共有部や従業員様の通用口、また耐水性もありますので門扉などにもご使用可能です。キーレス錠をご検討の方、ぜひこのロックマンジャパンの電磁錠も視野に入れてみてください。

ご相談はカギの救急車・京都(五条通/下鴨店)にて承っております。

 

 

カテゴリー: キーレス錠   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。