五条通店・下鴨店からのお知らせ

自動ドア 錠前修理(取替え)

京都市左京区にて自動ドアの鍵が調子悪いので見て欲しいとご相談をいただきました。

 

 

伺ってみると最後まで鍵が回りきらず、動作も固くなっています。

使用年数をお聞きするともうかれこれ20~30年ぐらいは使ってるんじゃないかな。との事です。

 

経年劣化の為、摩耗の進んだ錠前のケースと呼ばれる本体部分をメインに交換をさせていただきます。

自動ドアの種類によっては扉を外さないと錠前の修理が行えません。

 

 

まずは吊り下げられた自動ドアを取り外します。

全面がガラスですので慎重に作業を進めます。

 

 

続いて自動ドアの鍵はほぼ地面すれすれに付いていますので扉を横向けに倒し底の部分に取り付けられてます錠前を取り替えます。

 

 

画像左が劣化した錠前そして右側が今回交換をする新しい錠前部品です。

 

 

最後は扉を吊りなおして扉の水平レベルそして鍵の施解錠を確認。作業が完了です。

お客様にも鍵のかかりが気持ちいいね!と喜んでいただけました。

 

カギの救急車は自動ドアの鍵修理も承ります。

調子悪いなとお考えの方、お気軽にご相談下さい。

 

 

カテゴリー: 錠前交換・修理   パーマリンク

コメントは受け付けていません。