五条通店・下鴨店からのお知らせ

三菱FUSO(ミツビシフソー) キャンター合鍵作製

本日はミツビシフソー・キャンターの合鍵の作製のご紹介です。
最近はトラックにまでイモビライザーシステムが搭載されています。

 

お隣の滋賀県より何度か電話でのご相談の結果、本日ご来店いただく事となりました。
自動車の鍵はメインキーとサブキーとに分かれる車種があります。
メインキーとはリモコンが使えたり、スマート機能を所持していたり、またメーカーにて鍵を増やすことができる機能を所持している鍵です。
サブキーはリモコンの機能も無くメーカーにて鍵を追加する機能もありませんので、あくまで運転専用の鍵となります。
今回お客様がお持ちいただいた鍵はサブキーだったため、メーカーにて鍵を作製するのも困難を要するとの事でした。

 

専用の機器にてイモビライザーを解析し、クローンキーと呼ばれるコピーキーを作製します。

 

メインパネルの左上にひときわ赤く点灯しているのがイモビライザーの認識を表示するランプです。
イモビライザーのIDをコピーします。

 

 

無事ランプが点灯し、キャンターのコンピューターとの認識がとれました。
これでエンジンの始動も可能です。

 

当店も今回の作製にてキャンターの鍵についても勉強させていただく事ができました。
京都近郊にて三菱フソー・キャンターの合鍵をご希望のかた、一度カギの救急車(京都) 五条通店もしくは下鴨店までご相談ください。サブキーからの合鍵作製も可能ですよ。

カテゴリー: イモビライザー, 合鍵   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す