五条通店・下鴨店からのお知らせ

スバル・XV スマートキー紛失からのキー作製

作業を終えて店舗への帰り道、五条通店から連絡です。

一般のお客様より2016年車、スバル・XVのスマートキーを紛失したのでキーを作って欲しいとの事です。

 

「キーが一つも無いのですが作製可能ですか?」とのご相談に、

「おそらく大丈夫です。今日中に作製可能です。」と伝えていただいて、準備をし南区の現場に向かいます。

 

 

到着をして作業最初の段階に一番焦りました。

施錠されているXVの運転席ドアの鍵を開錠。そしてドアハンドルを引っ張ると・・・

けたたましくセキュリティのホーンが発砲します。

 

「しばらくすれば、鳴りやみますのでお待ちください。」とお客様に伝えたものの・・・。

鳴りやまない・・・エッ!汗・汗。

どうしよう。

 

五分はセキュリティホーンが鳴ってたと思います。

最近のセキュリティは発砲している時間が長くなったようですね。

 

セキュリティが鳴り止めばここからがメインの作業の開始です。

 

 

現在、XVを起動できるスマートキーが無いので、当然メーターパネルは消灯状態。

自動車と南京錠のマークのセキュリティランプが点滅しています。

 

XVからスマートキーの情報を抜き出し、データを編集していきます。

無事にデータの編集が完了すれば。

 

 

待望のメーターランプが点灯です。

そして下のスマートキーが新たに登録されました。

 

 

オーナーさんに作業が完了した事をお伝えし、車両まで戻ってきていただくとスマートキーが復旧できたことに大変喜んでいただけました。

既にスバルのディーラーさんにはご相談をしていただいてはいたのですが、レッカーで車両を搬入したり車両コンピューターなどの取替え部品が多く修理日数も結構かかるとの事で悩んでおられたそうです。

 

そしてなかばあきらめてはいたものの、最後当社に相談してみようとなったとの事です。

当社で必要な部品は登録するスマートキーのみだった為、コストも抑えられて大変喜んでいただきました。

「ブログもいいよ。」と快諾していただきました。

 

 

スバル車のキーもぜひご相談下さい。

 

それにしてもセキュリティホーンはビックリしました。

車の盗難も増えてきている現在、あれだけ長くセキュリティが鳴っていると安心だなと思いました。

良いですね、スバル。

カテゴリー: イモビライザー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。